硝子体注射 翼状片手術 網膜光凝固術 レーザー後嚢切開術

硝子体注射

加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫・網膜静脈閉塞症・
病的近視の治療として新生血管の成長を抑える薬
(抗VEGF薬)を硝子体に注射します。

新生血管が成長すると眼底で出血や水漏れが起こり
網膜を傷害してしまいます。

抗VEGF薬を用いた硝子体注射は対症療法なので
根本的に治すことはできませんが定期的に
行うことで視力の改善が期待できます。

翼状片手術

白目の一部が黒目の上にかぶさるような形で
異常に繁殖してしまう病気を翼状片といいます。

翼状片により乱視が生じる等があれば手術を行います。

網膜光凝固術

網膜光凝固術は様々な眼底の疾患に対して
行うレーザー治療です。

糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症に対しては網膜に
熱凝固を加えて炎症を抑えることで新生血管が
発生するのを抑制します。

網膜光凝固術は病気の悪化を防ぐ目的で行うので、
根本的に治すことはできません。

網膜裂孔に対しては、網膜の裂け目の周りを
レーザーで焼き固めて網膜剥離になるのを予防します。

他にも様々な疾患に適応があります。

レーザー後嚢切開術

白内障手術後に「後発白内障」と呼ばれる再び
白内障になったかのように視界が霞む病気があります。

後発白内障は、眼内レンズを入れた袋の後ろ側が
濁ることで発症します。

後発白内障が発症した場合、レーザーで濁りを
取り除くレーザー後嚢切開術を行うことで、
術後すぐに視力が回復します。

診療時間
午前9:00 ~ 12:00
午後3:00 ~ 6:00
★/手術・検査(予約制)
休診日/土曜午後・日・祝
アクセス(門真運転免許試験場交差点角) 門真市福本眼科クリニック
〒571-0032 大阪府門真市寿町21-34

駐車場4台分完備

京阪電車「古川橋駅」より南へ徒歩9分
国道163号線「試験場入口」交差点・北東角
京阪バス「一番バス停」より徒歩すぐ